愛犬家必見!ドッグフードを選ぶ上で押さえておきたいポイントなどを徹底解説!

ペットを家族として考える愛犬家の人にとっては、健やかに過ごしてもらうことにとても気を遣っていることと思われます。
そんな飼い主さんは、ドッグフードを変えるだけで、見違えるくらいに愛犬が元気になったりもするのです。
例えばしょっちゅう風邪を引いている、なんとなく湿疹がひかないといった症状は、アレルギーなどの体質から来ている可能性もあります。
そこでここでは、どういったものを食べさせたら良いのか餌を選ぶポイントを紹介します。

愛犬家必見!ドッグフードを選ぶ上で押さえておきたいポイントなどを徹底解説!

愛犬家に良いドッグフードの選び方は、原材料を確認することが大事です。
例えば「ミール」という表示がある場合は、ドッグフードを粉末状にした素材のことをいいます。
ただしミールの時点で添加物の表示義務がないために、消費者にどのような添加物を使用しているかが分からない状態なのです。
また、低品質な素材を使用している可能性もあるために、しっかりと豚肉などといった名器があるドッグフードを購入しておくと間違いないといえます。

ドッグフードは年齢に応じて選ぶのが基本!

ドッグフードは、年齢に応じたものを選ぶのがワンちゃんの健康の秘訣です。
犬は子犬・成犬・老犬の3つの時期に分けられ、それぞれの時期に合うドッグフードを選ぶことができます。
子犬期は0歳~1歳で、成長期なので十分な栄養が必要です。
ただし、まだまだ臓器が未発達であるため、栄養を吸収する力が劣っています。
そのため、良質の肉を主原料とした子犬用のドッグフードを選ぶことが大事です。
成犬期は1歳~7歳までで、成長ではなく健康維持に軸を置いたドッグフードが必要になります。
低カロリーを心掛け、肥満にならないよう気をつけることが重要です。
色々な栄養素がバランスよく含まれていることが大切になります。
老犬期は7歳以上で、食が細くなるなど老化の兆しが見え始めたら切り替えます。
消化機能や代謝が低下するため、グレインフリーなど消化しやすいものを選ぶのが良いでしょう。
低カロリーのものが基本ですが、痩せすぎには気をつける必要があります。

飼い主手作りのドッグフードは原則としてNG!

わんちゃんのことを大事に考えるがゆえにご飯を手作りするという飼い主さんがいますが、あまりお勧めできません。
その理由のひとつに、栄養バランスを整えるのが大変ということがあります。
犬の栄養要求量は人間と異なるため改めて勉強しなければならず、それを満たすだけのご飯を材料を考えて用意するのはかなり苦労します。
ドッグフードは毎日同じもので可哀想という考えもありますが、これは手を抜いているのではなく犬の栄養バランスをしっかり考えて作られたもので、ドッグフードを与えることこそ本当に犬の健康や栄養を考えていると言えるのです。
また将来的に何かの病気になって療法食を食べる必要性が出てきたとき、様々な事情でドッグフードに頼らなければならなくなったとき、ずっと手作り食を食べていた子が急にドッグフードに変わると食べなくなってしまうケースが多いです。
こうなると病気の治療が上手くいかなくなる可能性もあり、とても大変な思いをします。

ドッグフードを選ぶ際は原材料に注目しよう!

ドッグフードは愛犬が毎日食べるものなので、安全性の高いものを選ぶ必要があります。
安全性を確認するためには、原材料をチェックすることが重要です。
注意すべきものとしては、ミートミールや肉副産物、ミートパウダーがあげられます。
これらは死んだ動物の肉を使用している可能性があり、愛犬の健康を考えると避けるのが無難です。
牛肉、鶏肉などきちんと表示されているものが安心できます。
そして、コーンミールやグルテンスターチなどかさまし用の原材料が使用されているものもおすすめできません。
特にコーンは消化が悪いため、食べても昇華されずそのまま体外に排出されてしまいます。
栄養価も少なくなるため、これらが入っていないものを選びましょう。
そのほか、犬は大豆にアレルギーを起こしやすいため、大豆製品が含まれているものも避けることをおすすめします。
食品添加物が配合されたドッグフードも、犬の健康を考えると選ばない方が良いでしょう。

魚系のドッグフードのメリット・デメリットとは?

世の中には様々なドッグフードが存在していますが、原材料に魚介類を使ったドッグフードは高タンパク質でありながら低カロリーというメリットがあります。
そのため、肥満が気になるというケースに最適なフードと言えます。
オメガ3脂肪酸が豊富に含まれているのも魅力のひとつです。
オメガ3脂肪酸は、毛艶の改善や皮膚トラブルの予防に効果的な栄養素ですが、体内では合成できないため食べ物から摂取しなければなりません。
その他にも、血流改善効果が期待できるタウリン、骨粗しょう症の予防につながるカルシウムが豊富に含まれているというメリットもあります。
一方で、魚系のドッグフードは脂質が少ないため、腹持ちが悪いという側面があります。
特に、白身系のフードは腹持ちが悪いため、気になる方は脂質が多いサーモンなどをベースにしたフードを選ぶと良いでしょう。
また、肉系のフードと比べると嗜好性が低い傾向があり、肉系のフードから切り替えると食いつきが悪くなる恐れがあるので注意が必要です。

筆者:花京院孝二

筆者プロフィール

埼玉県幸手市生まれ。
我が家のボストン・テリアは今日も元気です。
今回はドッグフードに関する記事をまとめました。
ドッグフード 魚